ソフトSMですが、私にマゾ気があり、彼女がサディストでした

ソフトSMですが、私にマゾ気があり、彼女がサディストでした。

しかしSMといっても、

鞭でたたかれたり、

縄で拘束されたり、

ロウソクをたらされたりするわけではありません。

ほんとにソフト系SMというものです。

彼女に男の性をもてあそばれました。

そのことに快感を覚えてしまいました。

彼女は同じ年齢でした。

場所はラブホでした。

互いにシャワーを浴びた後でした。

私はその時、パンツ一枚だけの格好で待つように指示されました。

バスローブを羽織ってベッドに腰掛けていました。

そのあとで彼女のお出ましでした。

スカート姿の光沢のある黒のボンテージの衣装でした。

彼女は風格ある歩き方で登場しました。

女体のラインがくっきり見える衣装でした。

登場して私の前に立つと、「バスローブを脱いで」と命令されました。

私がバスローブを脱ぐと、彼女から「目をそらさずに見続けなさい。」言われました。

彼女の妖艶な姿態に、私の鼓動が次第に高まりました。

彼女は、「見たかったら、そばで見てもいいよ。でも、触っちゃ駄目よ」と言いました。

言われた通り、近くで見ることにしました。

近くで見ると、私のチンボは、次第に充血し始めて、元の状態に戻らなくなってしまいました。

パンツの上からでも分かるほど、突起が隠せない状態でした。

彼女が登場してからまだ5分も経っていませんでした。

彼女はセクシーな姿態をとり続けながら、私のペニスの状態をちゃんと見ていました。

「まだ触ってもないのにピンピンしちゃうんだ?」と言われ、火に油を注ぐように、更に興奮してしまいました。

ふふふと笑われて、ベッドに行こうといわれました。

ベッドの上で仰向けの格好にさせられました。

私の顔面の上に彼女にまたがれ、しゃがみこまれました。

「よく見て」と言われました。

目の前には、しゃがみこんだ彼女の割れ目がみえました。

ボンテージのスカートの中はパンツ一枚も穿いていません。陰毛がないいわゆるパイパンでした。

女性のあそこを生で見ただけでなく、見せつけられていることにも、頭の中が真っ白になるくらいに興奮しました。

マンコを近づけられた時のにおいはというと、互いにシャワーを浴びた後だったので、ボディーシャンプーの香りがわずかに残っているだけでした。

比較的清潔的な状態が保たれているマンコのにおいでした。

彼女の秘部を彼女の意志ですぐ近くで見せつけられて、とても幸せな気分でした。

勃起したチンボが先ほどの姿態を見ていた時よりもパンパンに膨れ上がり苦しくなってきました。

彼女のマンコを見ながらオナニーをしようとペニスに手を伸ばしました。

そうしたら、彼女に、伸ばした手を払いのけられました。

そして、両手首と両足首を、ベッドに備え付けられていた皮革製の手錠で拘束されました。

その格好で再び、彼女に秘部を見せつけられました。

見続けていると彼女のマンコにチンボを入れたくなるのを我慢できなくなりました。

私は勃起した状態を鎮めることができませんでした。

拘束された格好で、彼女の意のままに呼び起された男性本能に突き動かされていました。

私は何度も、自らの腰を、天井に、高く、突きあげていました。

その時にペニスの硬さを、パンツの上から彼女の指先で押されて、確かめられたことにも興奮しました。

それから、しゃがみこんだままの恰好で彼女は片手の指先で、大陰唇を広げました。

彼女の膣口やクリトリスがはっきり見えるくらいに広げて見せつけられました。

でもグロテスクとは思いませんでした。

健康的なピンクの色をしていると思いました。

マンコににおいは若干ありました。

が、逆にそのにおいと、指で広げられた秘部の眺めに刺激されました。

私はますます、彼女のヴァギナにペニスを入れたいと激しく思うようになりました。

思わず「入れたい」と言ってしまいました。

すると彼女は、私を拘束したまま、またぐのをやめて、パンツを脱がせました。

私は大の字で拘束されたまま、勃起したチンボがさらけ出されてしまいました。

そのことがちょっと恥ずかしかったです。

片足を絡めて片手でゆっくりといわゆるてこきをされました。

すぐ隣には、彼女の顔がありました。

「私の顔を見ながら射精を我慢できるかしら?」と言われました。

私は刺激が強すぎてたまらなかったので思わず顔をそむけてしまいました。

でもすぐに彼女は、そむける私の顔を力づくで向き直ならさせました。

そして、彼女を直視するように強制しました。

そんな彼女に、精神的にすっかり圧倒されてしまいました。

さすがに女は一般論として本能の動物だといわれることはあると思いました。

「いままでオナニーしてきて、女の子の顔を見ながらシコッたことあるでしょ」と言われ、微笑みかけられました。

女の子の口から、男がする自慰のことをシコるという言葉で言われたことに、私よりもとても淫乱な女の子だと感じ、メロメロになってしまいました。

そんな言葉を女の子から言われたことが、なぜか、快感でした。

彼女の微笑んでいる顔を見ながらてこきされ、すっかり身も心も彼女に参ってしまいました。

「出そうになったらちゃんと言ってね」

そう言った彼女の言葉の通り、射精しそうになる前に伝えると、彼女は動かす手を止めました。

そして、コンドームを持ち出してきました。彼女の手でスキンがチンボに装着されました。

私はまだ拘束されたままの状態でした。彼女は私のチンボを片手でつかみ、膣口の入り口にペニスの先端を当てました。

「ここが膣の入り口よ。わかる?」と解説するように言われました。

こちらの返事を強制的に求められたことにも、興奮しました。

でも、そのあと、彼女は、私をじらしたままでした。

そして、「私の中に入れてほしかったら、『私のいやらしいおちんちんを、○○さんのおマンコに入れさせてください』って、お願いしなさい。」と言いました。

そして「言われたとおりに言ったら、マンコに入れてあげる」と言われました。

バギナに挿入したい気持ちはひどく高まっていました。

でも、実際に声に出して言わされることには、とても羞恥心を覚えました。

私は声を出して言うのがとても恥ずかしかった。

恥ずかしさでしばらく何も言わないでいました。

「このまま打ちきってしまってもいいんだけど。ネット通販の大人の玩具で打っているペニスでもいいし」と彼女は言いました。

彼女は上半身に着けていたボンテージも脱いで、オッパイもあらわにしました。

とても形のいいオッパイで、乳首の色もきれいでした。

そんなオッパイを見せつけられて、ますます、彼女に、女を感じました。

このとき心中は、この機会を逃したら挿入する機会が二度とないかもしれないと思ったほどでした。

結局、入れたい気持ちに負けました。

そして、その通りに言ってしまい、私は心からお願いしてしまいました。

すると、そのまま、ゆっくりと、腰をおろしてきました。

「筆おろし」の瞬間でした。

彼女の膣の中の締まり具合に、思わず、声を漏らしてしまいました。

彼女もすでに膣の中がびしょびしょに濡れていて、スムーズに入りました。

彼女の膣に包み込まれている快感を全身で受け止めました。

彼女が前後に腰を動かし始めました。

グラインドするのは、女性がクリトリスの快感を味わうためだと直感的に分かりました。

なので私は、マグロの状態で、彼女の動きに身を任せることしました。

いわゆる女性上位の騎上位の格好のセックスでした。

恥ずかしい一言を言わされたあとでではありましたが、彼女とセックスができることは、とても幸せなことでした。

合体しているこの瞬間が永遠に続けばいいのにと思うほどでした。

でも悲しいことに、私だけが、一方的に彼女に感じさせられ、絶頂」を迎えてしまいました。

結局のところ、装着したコンドームの中に射精してしまいました。

最初から、彼女に一方的にイカされていたと思いました。

しばらくして、彼女に、「次は、いっしょにイコうね」と言われました。

彼女から一緒にイコうと言われたのはとてもうれしかったです。

そのあと、お互いに何も言わずに抱き合う時間がしばらく続きました。

私には女の子主導のセックスが気持ちいいと、このとき思いました。

女の子主導のセックスが良いと思うのは、私がマゾで彼女がサドという相性だからか?と思いました。

でも、セックスで合うか合わないかはとても重要なことだと思いました。

そしてこのまま彼女との男と女の関係が続くならば、今度は、彼女を本当に気持ち良くさせたい。

またエクスタシーを迎えさせてあげたい、と思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SM動画なら

SM