アルバイトのクールな女に命令されるがままにオナニー開陳

 

私はスーパーに勤務しています。

アルバイトのクールな女の子に、みんなの見ている前で、

オナニー&女の子に手コキされました。

 

自分はスーパーに勤務する32才の独身です。

スーパーと言えば主婦のパートさんも多いけど

夕方から学生アルバイトがけっこういます。

その中で川原さんと言う高2の子は細身で

背が165cmぐらいでクールな表情がたまらない。

俺より背が高くちょっと近づきづらい子だったがあこがれていました。

普段はレジ係をしているがその日は雨暇だった。

その時俺の荷出しを手伝ってもらってから、彼女と話しをするようになった。

「伊藤さん、夏休みで暇だからカラオケ連れてって下さいよぉ」

願ってもないチャンスに即セッティングをしました。

バイトが夜9時に終るので、彼女らと駅前で待ち合わせした。

俺とレジ係のアルバイト3人でカラオケBOXに行く事になった。

川原さんはデニムの膝までのパンツで長い足がまぶしかった。

その部屋は靴を脱いで上がるので、彼女の足の指まで見る事が出来た。

女の子達は浜崎や幸田とかを唄い、

俺はSMAPを熱唱した「伊藤主任上手~い」

俺はちょっと照れた。

「でもさっきから幸枝(川原さん)の足ばっか見てる」ズボシだった…

他の子が

「幸枝、おごってくれるんだから足触らしあげれば?伊藤さん触りたいよね?」

俺はつい「ごめん、あまりにきれいな足だったから…」

川原さんは「えーどうしようかなぁ。じゃあ主任ここに座って」

川原さんは自分の足元を指差した。

俺はソファーに座った川原さんの前にアグラをかくと

「正座して」と悪戯っぽく言い、彼女は足を大きく開いた。

その姿に俺は魔法にかかったように幸枝の前に正座した。

幸枝が「足、触りたい?」

「はい…」

幸枝は正座した俺の太股に片足をのせ「いいよ」と。

俺は幸枝のふくらはぎを両手でさすり、頬づえした。

他の子は「伊藤さんやっぱり足フェチだ~」

幸枝はもう片方の足も俺の太股にのせ「足開いて」と言った。

俺が正座した足を少し開くと俺の股間を足で刺激してきた。

俺のチンボが勃起してるのはすぐにバレた。

彼女にチンボをグリグリ踏まれた。

俺は異常に興奮し幸枝の足に抱きついた。

幸枝は勃起したチンコをズボンの上から踏みつけた。

幸枝は悪戯っぽく俺を見て、

「伊藤さんって変態だね、パートさん達に言っちゃおかな」

俺は「そんな、困るよ」

「じゃぁ幸枝の言う事聞く?」

「はい…」

「じゃぁここで見せて」

「え?」

「見ててあげるから、ここでチンチン出して」

命令口調だった。

俺は3人の前でズボンのファスナーを下げて

フル勃起した肉棒をを出した…。

3人から歓声が聞えた。

幸枝は「自分でシゴイてみて」と俺に言った。

ソファーに腰掛け足を大きく開いた幸枝の前で正座しながらオナッた。

アルバイトの女の子3人とカラオケBOXに行った俺は、

思ってもなかった幸枝の行動と言葉に魔法にかかったようになった。

幸枝の前で正座しながら自分でシゴイた。

2人の女の子に両わきから見られている。

幸枝は俺の目の前でソファーに腰掛け直視している。

幸枝は「女の子に見られて興奮する?」

「凄い興奮するよ…もぅイキそうだよ」

横の女の子は

「出るとこ見たい!」

幸枝は俺に「イク時はイキますって言うのよ!」

「あぁ~イク、イキますぅ~」

その瞬間、床の上に白い精液が飛びちった…

横で「わぁ~すげ~初めて見たー!」

幸枝は無言だったが笑みを浮かべた。

俺はしばらく興奮がおさまらなかった。

テーブルの上にあったオシボリで自分のチンコと床を拭いた。

そのあと2人の女の子は一緒にトイレに行った。

部屋に俺と幸枝の2人になった。

幸枝は俺のとなりに座った。

「恥ずかしくなかった?」

俺は「ちょっと恥ずかしかったよ」

「伊藤さんってエムでしょ?」

俺の顔を覗きこむ…

幸枝に見つめられドキドキした。

「どうかな~笑」俺は笑ってごまかした。

幸枝の手がズボンの上からチンコを触ってきた。

俺はまたすぐに勃起した。

幸枝は形をたしかめるように触ってる。

その時トイレに行ってた2人が戻ってきた。

幸枝は手を離しなにもなかったように装う。

2人が戻って来て話しはさっきの俺のオナの話題に…。

「なんか今日は凄いの見ちゃったよね~」

「伊藤さん、ホントに出しちゃうだもん」

俺は今日の事はなかった事にしようよ。

うん、それがいいなぁ!明るく振る舞った。

時間も11時を過ぎ帰る時間が近づいてきた。

最後に女の子2人がモー娘を唄う事になった。

俺と幸枝は座っていた。

曲が始まると幸枝が俺の耳もとで

「じっとしててね」と言い

俺のズボンのファスナーを下げトランクスから

勃起したチンコを出して細い指で手コキしてくれた。

唄ってる子達はそれを見て笑っている。

俺は幸枝の胸を触ろうとしたら

「ダメ~」と手を払いのけられた。

あまりの気持ちよさに「あぁイキそぅ」と言うと、

「イカして下さいでしょ!」

と幸枝が言った。

その時俺は自分のエム性を自覚した。

17才のクールな小悪魔に手コキされながら

「幸枝さん、イカして下さい…」

「ほら!イっていいよ」再び床に飛びちった。

女の子達は

「伊藤さぁん、また出したぁ。」笑っていた。

そして4人は何もなかったようにカラオケBOXを後にした。

3人は、楽しかったね!また、来ようね!と言ってくれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ギャルの覗き部屋

普通に生活している女の子の部屋を覗いてみよう!

覗き部屋 ギャルズアパートメント